福島県いわき市の介護付き老人ホーム-住宅型・介護 併設の有料老人ホーム。ゆとりの空間と天然温泉 細やかなサービスと多彩な設備の介護併設の高齢者住宅

PAGE TOP

お知らせ 〜感謝の郷だより〜

   登録月:    キーワード: 

2019年 03月 12日

お知らせ

認知症に向き合う −認知症の理解と接し方−接し方−

介護の現場ではユマニチュードの導入が進められており、高齢者への接し方、それも特に認知症の方に効果を出していると言われます。ユマニチュード(Humanitude)は、フランス語で「その人らしさ」を意味するケア技法で、ケアの対象となる人の「人間らしさ」を尊重し続けるということです。“見る” “触れる” “話す” “立つ”の4つの基本動作に働きかけること(知覚・感情・言語による包括的コミュニケーション)によって、言葉によるコミュニケーションが難しい人とポジティブな関係を築いていく手法です。

今回、東日本国際大学 健康福祉学部の志賀恵子 専任講師をお呼びし「認知症に向き合う −認知症の理解と接し方−」と題した勉強会を行ないました。

認知症は認知障がいの総称で、身体の病気による知的な機能の低下を指します。加齢に伴う健忘と、生活に及ぼす障がいの程度が違います。判断力が低下し、体験した出来事すべてを忘れてしまいます(エピソード記憶の障がい)。また、人の顔がわからなくなったり、時間の感覚がわからなくなります(見当識障がい、認知空間の障がい)。
はじめに、認知症の罹患率や認知症発症の原因となる疾患、軽度認知障害(MCI)の概要をおさらいし、認知症予防について深掘りしたうえで、ユマニチュードの技法を学びました。

画像は、腕を大きく後方に振り、足踏みをして「あいう・えおか・きくこ」と3つに区切りながら声を出しているところです。この動作を行うことで、認知機能が刺激されます。

その後、二人一組になってミニ演習を行ないました。
画像の筒を覗いているスタッフは認知症の高齢者役です。
視野がとても狭く、声をかけているスタッフがどこにいるかわかりません。声をかけるのと同時に身体に触れると、高齢者役のスタッフから「びっくりした」「怖い」との感想が聞かれました。

介護に“完璧”や“正解”はないかもしれませんが、ユマニチュードが重要なポイントとして挙げる“ご本人のレベルに応じたケアを本当に提供しているかどうか”は、良い指標になると思います。
とてもわかりやすい講義・演習で、スタッフも早速現場で実践していました。


2019年 03月 11日

入居者サークル

陶芸教室を行ないました

18回目の陶芸教室はしらゆり館1階の機能訓練室にて10名のご入居者様と実施しました。
今回は、季節に合わせて“梅の形の小鉢“を制作しました。今年は例年より暖かく少し咲き始めるのが早まったようにも思えますが、ホームの敷地内でもきれいな花を咲かせています。今日はどのような梅が咲きますでしょうか。

今回の小鉢はたたら(板状にしてから曲げたりして成形する手法)でつくります。作成手順は、
@ 粘土を平らに伸ばす
A 型に合わせてカットする
B おしべ・めしべを櫛で描く
C 型に押し当てて小鉢らしい形に成形する
の4工程となります。

粘土を平らに伸ばし、型に合わせてカットするところはこれまでの工程と同じ。
続いて、おしべとめしべを櫛で描いていきます。中心から放射線状に線を引き、櫛を反対に持ち替えて尖っていない方で線の先端に丸い跡を付けます。先の本数や跡の付け方は自由なので、個性的な柄が出来上がりました。

おしべとめしべを描き終わったら、器に載せてゆっくりと押します。すると中央がくぼんで小鉢らしい形になっていきます。
5種類の釉薬から選んでいただき、出来上がりです。

今回はこれまでと比べると比較的手順が少ない方でしたが、その分意欲的に参加される方が多くおられました。いろいろなデザインの梅の小鉢、焼き上がりが楽しみですね。


2019年 03月 07日

お知らせ

補聴器相談会を実施しました

自分ではなかなか気づきにくい聴力の低下。「会話のなかでしばしば聞き返すことがある」「テレビやラジオの音が大きすぎると注意される」「電話が聞き取りにくいことがある」「銀行や役所、病院などで名前を呼ばれても聞き返すことがある」といった経験が増えてはいませんか。聞こえにくさは、様々なライフスタイルに影響してきます。
50代から始まる加齢性難聴などで聴力が低下している人のうち、聴力低下の自覚がない人の割合は約半分と言われます。人に言われて初めて気づく方も多いようです。

「聞こえにくいことで多少の不便は感じても、それほど困ってはいない」と感じる方もおられると思いますが、言葉の聞き取りにくさや会話のしにくさ、大きな声で話さないといけないといった対応が必要になってくるため、やがては周囲の人とのコミュニケーションの減少に繋がりやすくなります。

そのようなこともあり、ご入居者様を対象に 感謝の郷いわきボランティア室にて“補聴器相談会”の場を設けました。

自分にぴったりの補聴器を使うには、カウンセリング、聴力測定、器種の選択、初期調整、試聴、再調整を数回とかかるようですが、じっくりと補聴器をカスタマイズすることで1日中 ストレスなく会話が聞き取れるようになるのは嬉しいですよね。

購入の際はお店にいって測定をする必要がありますが、ホームにいながらにして補聴器の試聴をすることもでき、訪れたご入居者様は、今使われている補聴器との違いを体感されていました。

スタッフも、補聴器の聞こえ方やはじめての方の慣らし方、耳が遠くなってきたご入居者様へどのようにアドバイスすればよいか等を学びました。
対象者が軽度なのか重度なのか、補聴器の性質や音質は…といった部分だけではなく、目立ちにくいものおしゃれなもの、電池式か充電式か、スマートフォンと連動するものなど、現在はいろいろなプラスアルファの要素があることもわかり、最新の補聴器のことを知る良い機会となりました。


2019年 02月 28日

入居者イベント

観梅と甘味処

春の恒例行事である市内の観梅ツアーとお買物にお出掛けしました。
今年向かったのは「いわき市暮らしの伝承郷」。これまでにも何度か足を運んだことがありますが、梅の時期に訪れるのは初めてです。

「いわき市暮らしの伝承郷」では、いわき市内に江戸時代中期から明治時代前期にかけて建立され、実際に使われていた民家が5棟 施設内に移築されており、当時の様子を限りなく近く復元してある民家ゾーンもあります。
皆様は、古民家の前に咲いた梅の木をバックに写真を撮りました。
その後、中に入って土間にある道具や囲炉裏などを見ながら、幼少期に家にあったものなどを、懐かしく思い出されていました。

施設内は常設展や企画展などの展示や、講座・体験学習なども実施されています。昔の生活の様子がわかる展示品や写真を見ながら「私が中学生の頃の写真だ」など、昔を懐かしく思い話に花が咲きました。

訪れたときには、現在 青森で活躍されている いわき市小名浜出身のこぎん刺し作家 塩谷美江さんが制作した「津軽こぎん刺し」の作品が企画展として展示されていました。「こぎん刺し」とは、青森県津軽地方に伝わる伝統的な刺し子の技法です。塩谷さんは、そこに独自の手法を加え、作品を一つのアートとして捉え、制作されています。
そのほかにも、3月3日のひな祭りにちなみ、市民の方々から寄贈された雛人形が展示されており、参加された皆様は可愛らしい雛人形に目を細めておられました。

目の保養をしたあとは、少し車を走らせて お買い物。
「JA福島さくら 新鮮やさい館」でお野菜やお米などを購入し、最後にゼリー専門店「くるーるじゅれ」に立ち寄りました。
季節のフルーツが入ったゼリーが人気で、ほかにもモンブランやショートケーキなどのカップケーキやゼリーを載せたロールケーキなどがあり、見ているだけで楽しくなります。

帰りの車内では、購入されたゼリーの話やこれからの季節のイベントの話で盛り上がりました。


2019年 02月 12日

お知らせ

心肺蘇生・AED 講習会を行ないました

要救助者の呼吸が止まり、心臓も動いていない場合には、脳へ酸素を送る必要があるため、救急車の到着まで一時救命措置を行なう必要があります。
昨年は心肺蘇生・救命講習のDVDを見て観察・気道確保・人工呼吸・心肺蘇生 について学びましたが、今年は内郷消防署の隊員の方々をお呼びして、スタッフを対象に心肺蘇生とAEDの使い方をご指導いただきました。

3つのグループに分かれて心肺蘇生の練習用人形を使い、気道確保・人工呼吸法・心臓マッサージを実際に練習しました。
周囲の状態・意識の確認ののち、肘を曲げずに1分間に約100回のテンポで心臓マッサージを30回連続で実施し、5秒に1回の速さで2回の人工呼吸を行なう…ことを救急車が到着するまで繰り返していきます。
「中島みゆきの曲『地上の星』のリズムに合わせて行うと、ペースがとりやすい」とのアドバイスもいただきました。

次に、訓練用のAED(自動体外除細動器)を使った訓練を行ないました。
AEDは、心停止した際に電気ショックを与え、心臓の動きをもとのリズムに戻すための医療機器です。電気ショックが必要ないと判断した場合は 電流が流れることはありません。また、音声ガイダンスで知らせてくれます。
内郷消防署の隊員の方の的確なアドバイスで、スムーズに行なうことができるようになりました。

心肺停止から約3分間放置された場合の助かる確率は50%ですが、心肺停止後2分以内に心肺蘇生を行なった場合には助かる確率が90%まで上昇するという統計もあり、一次救命処置は重要な知識と言えます。
平成30年1月から12月までの一年間、いわき市の救急車の出動回数は約13.400件。この中には救急車を呼ぶほどではない軽症の方も含まれています。以前は平均7分で救急車が到着していたのが、最近は到着まで10分以上かかっているそうです。
そのような実情も踏まえ、緊急時の心構え・備えとして とても身になる体験ができました。


2019年 02月 04日

入居者イベント

中之作 つるし雛飾りまつり

今年もいわき市 中之作で行なわれている、パッチワークやちりめん細工を作成している方々が 人通りが少なくなった港町の活性化のために、つるし雛を軒下に飾ったことで始まったイベント『つるし雛飾りまつり』を見に来ました。

解体予定だった築200年古民家を修復し、街のシンボルとして生まれ変わったレンタルスペース『清航館』をメイン会場に、民家やお店でもつるし雛が飾られていました。
『清航館』の玄関に足を踏み入れると、室内を埋め尽くすほどのつるし雛飾りがあり、初めて訪れたご入居者様は「思っていたより多かった」と、その数に圧倒されていました。

丁寧に作られた様々な種類のつるし雛は、それぞれには魔除け・厄除けの意味合いが込められているそうで、ご入居者様はひとつひとつを丹念に眺めておられました。
『清航館』敷地内では、来場者に振る舞われる甘酒をいただきました。また、外に掛けられたつるし雛を眺め、お土産に一本分のつるし雛を購入される方もおられました。

民家や店内でもつるし雛が飾られており、実際につるし雛を制作された方などに話を伺いながら、ゆっくりと見て回りました。
海側では地元物産品の販売も行われており、例年にない暖かで風のない日であったため、多くの観光客で賑わっていました。
「見に来て良かった」と言っていただけた良い観光ミニツアーとなりました。


2019年 01月 24日

お知らせ

あんしん相続セミナーを実施しました

昨今話題になっている“終活”。
終活とは、自分に何かあったときのために、連絡先や財産のことをまとめておき、自分の考えを家族や身近な人に伝えるために準備をすることを言います。中でも財産を渡したい人が決まっている場合に有効なのが遺言です。
しかし、いざ遺言の作成に取り掛かろうとすると「相続って具体的にどんなことをするの?」「遺言書って必要なの?」といった疑問が湧いてくると思います。
遺言は、それぞれ種類によって法律で書き方が定められており、せっかく書いた遺言書に不備があっては、全く意味を成さないものになってしまいます。

いざというときに困らないために、ご入居者様とご家族様を対象に 感謝の郷いわきボランティア室にて、“相続の手続きについてのお話”と“生前対策として注目されている遺言”について、専門家にわかりやすく丁寧に解説してもらいました。

セミナーでは、“相続の開始とスケジュール“”法定相続人と法定相続分“”遺産分割協議とトラブル事例“”相続税と贈与の仕組み“”遺言による相続対策“と項目に分けて説明いただきました。
ケースによっては配偶者が義父母らと遺産分割協議をしなければならず、精神的な負担が極めて大きくなる場合がある、など具体的な例を挙げて説明いただき、皆様真剣に話を聞かれていました。

解説のあとには質問・相談の時間も取られましたが、設定していた時間を超えるまで質問やご相談があり、意識の高さが伺えました。


2019年 01月 19日

入居者イベント

松原惇子さんの講演会を聴きに行きました

いわき市文化センター大ホールにて、いわき市介護支援専門員連絡協議会主催の市民公開講演会が開催され、ご入居者様をお連れし聴講しました。

講師は『クロワッサン症候群』『「ひとりの老後」はこわくない』等の著作があるノンフィクション作家の松原惇子さん。一貫して「ひとりの生き方」をテーマに、執筆活動や講演活動をされており、今回は「老後ひとりぼっちを生きる」との演題でお話しされました。冒頭では福島市で育ったとのお話しもあり、会場は親近感が湧きました。

講演では、“核家族や一人暮らし世帯が増える中、誰もが老後ひとりになる可能性を持っている” “4割が「独居老人」の時代になる” “子供は老後の保険にはならない” “ひとりになってぶち当たる「保証人」という壁” “孤独を楽しむ力を身につける”といったキーワードから、住み慣れた地域で最期まで自分らしく暮らすことができるよう、幅広い世代に向けた老後や終末期に向けたこころの備え等について、軽妙なトークで話が展開されました。

(写真は 主催者の許可を得て撮影しています)

帰りの車内では、「面白くて とてもためになった」「71歳とは思えない」「歌もうまかった」といった話や、“毎日の生活は明るい洋服を着て楽しく過ごす” “子供を当てにしない” “おごったりおごられたりする” “口から食べられるうちは美味しく食べる” “出かけることが大切”等、講演のなかで語られた 日々の生活に根ざした格言を挙げながら、ご自身の今後の展望についてどのように過ごしたいかなどを話されていました。


2019年 01月 18日

お知らせ

車椅子をご寄贈いただきました

社会福祉に対する活動の一環として、福祉施設に車椅子を贈られている
常磐共同ガス株式会社様より、車椅子をご寄贈いただきました。

贈呈式の写真です。

現在、介護棟しらゆり館にて、大切に使わせていただいております。


2019年 01月 01日

入居者イベント

小川諏訪神社へ初詣にでかけました

いわき市小川町にある諏訪神社へ、初詣に出かけました。
本日を含めここ数年は晴天に恵まれており、新年から気持ちのよいお出かけとなりました。

拝殿にて参拝の後、ご祈祷を受けました。
祈祷では、スタッフのほか、ご入居者様の代表としてお一人が祭壇に玉串を捧げました。
神官にご入居者様の健康祈願もしていただきましたが、その折に「 “祈り”とは対価であって、決めごとを確実にこなしていくこと。”祈り”と“感謝の心”によって“和”が生まれ、それが“和み”につながる。」と説いていただきました。

帰りに、参拝後の恒例となっている白鳥の飛来地へ立ち寄りました。
例年になくあたたかな日であったため、家族連れも多く見受けられました。
多くの白鳥が飛来しており、少し長めに時間をとってご覧いただきました。

本日のように和やかな日々の一年となるよう、感謝の心を持って過ごしてまいりたいと思います。


2019年 01月 01日

お知らせ

謹んで新春のお慶びを申し上げます

旧年中は何かとご厚情賜り、心より感謝申し上げます。

今後もスタッフ一同、お客様の心に響くサービスを提供して参りますので、
末永いお付き合いをお願い申し上げます。


2018年 12月 22日

お知らせ

冬至とゆず湯

一年で最も昼が短く、夜が長くなる冬至。
冬至にゆず湯のお風呂につかると、1年中風邪をひかない という言い伝えがあります。

ゆず湯には、血管が拡張して血液の循環を良くする効果があることから、冷え性や神経痛、腰痛などを和らげるとされています。

感謝の郷いわきでも さくら館・しらゆり館それぞれで浴槽をゆず湯にしました。
浴室内を漂う柑橘系の香りが、更にリラックスできる空間にしてくれました。


2018年 12月 15日

入居者イベント

さくら館 クリスマス会開催!

12月は、この時期恒例のイベントとなったレストランで行なうクリスマス会を開催しました。
昨年まではジャズ音楽によるディナーショーでお食事を楽しんでいただきましたが、今年は陽気なハワイアンテイストの音楽とお食事を楽しんでいただきました。

施設長による開会の挨拶・乾杯で幕を開けたクリスマス会は、和やかな雰囲気で始まりました。
今回のクリスマス会 特別メニューはコース料理となっており、豆腐のフラン、ピンチョス、マグロ アボカド モッツァレラチーズ マリネ、クリームチーズのスモークサーモン焼きがテーブルに乗っていました。スープはさつまいもポタージュ。鮭のグリル 香草パン粉焼き、鶏肉の白ワイン煮込みと続き、海老のマリネと野菜サラダ、バターロール、デザートにミニケーキ プリン フルーツ盛り合わせという内容でした。
お食事を召し上がり談笑している中、ハワイアンな音色が響き渡りました。

今回お呼びしたのは、市内で活躍するバンド「ブルーファンタジー」の皆様です。そしてハワイアンテイストな音色の正体はスチール・ギターでした。そのほかにもギター、ベース、ウクレレ、キーボード、パーカッションという賑やかな編成。
ファーストステージは「アロハ・ウクレレ」「南国の夜」等のハワイアン音楽に始まり、「荒城の月」「テネシーワルツ」といった名曲まで。セカンドステージでは「青い山脈」などの歌謡曲から民謡、童謡メドレー、そしてクリスマスソングまで幅広い楽曲を演奏してくださいました。歌詞カードを手にしたご入居者様も、大きな声で一緒に歌われていました。

セカンドステージの途中、どこからともなくサンタとトナカイが現れてテーブルをまわり、ご入居者様とスリーショット記念撮影をしました。
「ブルーファンタジー」の皆様にはアンコールを含めて全17曲も披露いただき、賑やかな時間はあっという間に過ぎていきました。

閉会の挨拶で幕を閉じたクリスマス会ですが、お帰りの際には、サンタとトナカイから ささやかな焼き菓子のプレゼントもあり、今年も思い出に残る冬の一日になりました。


2018年 12月 10日

入居者サークル

陶芸教室を行ないました

年の瀬の迫った12月。17回目となる陶芸教室を実施しました。
今回は、来年の干支をモチーフに、イノシシの土鈴を制作しました。
さて、どのようなイノシシができあがるでしょうか。

イノシシの土鈴の作成手順は、
@ 粘土を平らに伸ばす
A 粘土を丸めて新聞を巻き付け、粘土をつけて丸く成形する
B イノシシらしく成形していく
C 鈴穴を開ける
の4工程となります。

丸めた新聞の周囲に粘土を貼り付けて最終的に中が空洞になる丸い粘土の塊をつくる作業はこれまでも行なってきたことなので、これまでも参加されて来た方には馴染みのある手順です。
しかし、それをイノシシの形にしていくのは少しコツが要りそうですね。

はじめはブタのような形をつくっていき、そこから牙を生やして毛を描くなどすると、だんだんとイノシシに見えてくるようになりました。

お腹の部分に鈴穴を開けると土鈴のできあがり。最後に名前を彫って完成です。
魔除けになるとして縁起物の定番でもある土鈴。手元に届くのが待ち遠しいですね。


2018年 11月 20日

レクリエーション

出張デパート開催!

さくら館・しらゆり館それぞれで、今年度2回目となる館内にいながらにして服などを買えるお買い物イベント「出張デパート」を開催致しました。
「出張デパート」とは、普段外出が難しいご入居者様でも安心してお買い物を楽しんでいただける訪問ブティックイベントです。

今回は冬物の服を多めに仕入れてきました。
午前中は、さくら館ご入居者様向けに サークル室で行いました。
服をメインに、日常生活で使われる雑貨などを館内で購入することができます。専門の販売員が接客してくれるので、デパートに来ているようでした。

ご入居者様は、カットソーやズボン、ベスト、カーディガン、ハンカチ、靴下、下着、タオル類、パジャマ、スウェット、介護シューズ各種まで、様々な商品を手に取られていました。
おしゃれ着中心でしたが、寒くなってきたこともあり厚手衣類も充実した品揃え。

午後は、しらゆり館1階 機能訓練室にて、しらゆり館のご入居者様向けに実施しました。

しらゆり館では、衣類以外にお菓子類も販売しており、眺めるだけでも楽しめました。
ご家族様にもこのイベント開催が浸透してきており、ご家族様来館にてご一緒に買い物を楽しまれる姿も増えてきました。

今回も多くの方にご利用いただけた訪問ブティックイベントとなりました。また、衣替えの時期に実施したいと思っております。


感謝の郷いわき〜福島県いわき市
-住宅型有料老人ホーム
-介護付有料老人ホーム
-特定施設入居者生活介護 併設